感染の有無を調べる|中型犬用ハートガードプラスでフィラリア予防を安くしよう!
  • 感染の有無を調べる

    ハートガードプラスを購入する前には必ず病院でフィラリア感染の有無を調べてもらいましょう。調べるのを怠ると、最悪の場合ペットの命に関わるような事故に発展してしまう可能性があります。

  • おやつとして食べさせよう

  • 早期購入を心がけよう

    中型犬用ハートガードプラスを購入する際に利用する個人輸入代行というサービスですが、このサービスを利用すると薬の購入から到着までに非常に長い時間がかかります。なので、早期購入を心がけて常に備えておくようにしましょう。

  • コンテンツ一覧

    「中型犬用ハートガードプラスでフィラリア予防を安くしよう!」のコンテンツ一覧です。

感染の有無を調べる

ボトルに入った沢山の薬

ハートガードプラスは通販で購入することができますが、購入できるからと言って焦って購入してはいけません。
実は購入前にはあることをきちんと行う必要があるのです。そのある事というのは「フィラリア感染の有無の検査」です。

フィラリアというのは蚊を媒介にペットに寄生する寄生虫ですが、寄生直後は非常に小さな幼虫の姿をしています。
その小さな幼虫はペットの皮下で血を吸いながら成長していき、大きくなるにつれて皮下から筋肉、筋肉から血管、血管に入り込んだ後は心臓や肺などの血が集まる場所に移動し、そこで血を吸いながら幼虫を血管内に産み、また別の場所に感染を広げていく……という風に、どんどんペットの体の奥深くに侵入していくのです。
そして、予防薬は「ペットに寄生した直後の幼虫が血を吸った際に皮下で駆除を行い、フィラリア症の発症を抑制する」というメカニズムでフィラリア症の発症を予防するので、もし血管内にフィラリアがいる状態で予防薬を服用してしまうと、血管内でフィラリアが死滅、最悪の場合は死滅したフィラリアが血管を詰まらせてペットの命を奪ってしまう可能性があるのです、

その為、購入前には必ず感染の有無を調べてもらい、感染していないことが確認できた時に初めて薬を購入し、服用させるようにしましょう。
この手間を惜しむとペットの命に関わる事故につながってしまうので、このひと手間は決して惜しまず、確実に検査するようにしましょう。